プロボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(40)は8月に行われたコナー・マクレガー戦で現役復帰。UFCの現役王者と拳を交え、見事にノックアウト勝利を収めたが、メイウェザー本人はこの試合がラストファイトだと公言している。


 マクレガー戦の快勝で引退の花道を飾る。少なくともメイウェザーはそう考えているのかもしれないが、ファンは違う。彼らは引退してゲンナジー・ゴロフキン(35)との対戦から逃げたと見ているのだ。

 米国のゴシップサイト「TMZ」は10日にメイウェザーがこのファンの考えを否定する動画を掲載。その内容はNBAの試合を観戦後、車に乗ったメイウェザーに向かってファンが「お前はGGG(ゴロフキン)を恐れている」と連呼。これに対して車の窓から顔を出したメイウェザーが「俺はGGGを恐れてなどいない。ハッピーに引退したのさ」と応戦するものだった。

 ミドル級王者のゴロフキンはかねてからメイウェザーとの対戦を熱望。実現すれば、世界的な注目を集める試合になることは間違いないだろう。ファンが見たいのは当然のこのカード。ビッグマネーファイトになる可能性もあるが、本当にこのままメイウェザーはリングを去ってしまうのだろうか。
閉じる
続きを表示する