ボクシングの元3階級制覇王者・八重樫東(34=大橋)が横浜市内で会見し、現役続行を表明した。今後は日本男子初、世界でも過去17人だけの4階級制覇を目指してスーパーフライ級で戦う方針で、「ボクシング人生で最後の大勝負になると思う。スーパーフライ級はタレントがそろっている。誰とやっても面白そう」と話した。


 5月に1回TKO負けしてIBF世界ライトフライ級王座から陥落。引退も考えたが、「ボクシングへの情熱がまだ残っている」と現役続行を願い出て、スパーリングを見た大橋秀行会長から許可をもらった。2階級アップに伴い「一番の武器はスピード」とフットワーク主体のスタイルに戻し、“激闘王”の愛称は返上するつもりだ。陣営は年末の再起戦を計画しているが、八重樫は「まだ試合を見せられる状態ではない」と慎重だった。
閉じる
続きを表示する