8月に亀海喜寛(34=帝拳)を破ってWBO世界スーパーウエルター級王座を獲得した4階級制覇王者ミゲル・コット(36=プエルトリコ)の現役最後の試合が12月2日、米ニューヨークのマジソンスクエアガーデン(MSG)に決まった。


 ゴールデンボーイプロモーションズが11日に発表したもので、対戦相手は08年北京五輪代表のサダム・アリ(29=米国)。MSGでは過去9試合戦っているコットは「最後に“ガーデン”に戻れてうれしい」とコメントした。
閉じる
続きを表示する