エンダム 体調不良と語るも村田祝福「前回より圧力があり手数も多かった」

2017年10月22日 22:04

格闘技

エンダム 体調不良と語るも村田祝福「前回より圧力があり手数も多かった」
試合後の記者会見中、エンダム(左)に祝福される村田 Photo By スポニチ
 【WBA世界ミドル級タイトルマッチ   ●王者アッサン・エンダム≪12回戦≫同級1位・村田諒太○ ( 2017年10月22日    両国国技館 )】 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ は22日、東京・両国国技館で行われ、同級1位で12年ロンドン五輪同級金メダリストの村田諒太(31=帝拳)が王者アッサン・エンダム(33=フランス)に7回TKO勝利。ミドル級では竹原慎二以来日本人2人目、日本の五輪メダリストとしては史上初の世界王者に輝いた。

 7回終了後、コーナーから立ち上がれずTKO負けとなったエンダムは「5回から体調がおかしかった。私はまだ続けたかったが、あれ以上無駄にパンチを受ける必要はないとチームが判断した」と語った。9月にはハリケーン「イルマ」の影響でジムで練習することができなかったことに加え、40度の発熱など万全の状態ではなかったことを強調。

 しかし、「村田は前回より圧力があり手数も多かった。おめでとうと言いたい」と新チャンピオンを祝福。更に「長く防衛してもらい、3度目の対戦ができたらいい」と再び合間見えることを希望した。
続きを表示

この記事のフォト

おすすめテーマ

2017年10月22日のニュース

格闘技のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム