尚弥 村田を称賛「相手の心折った」、山中は高校後輩ねぎらう

2017年10月23日 05:30

格闘技

尚弥 村田を称賛「相手の心折った」、山中は高校後輩ねぎらう
王座奪取に成功した村田(左)は井上尚弥に祝福される Photo By スポニチ
 【WBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦   ○同級1位・村田諒太 TKO7回終了 王者アッサン・エンダム● ( 2017年10月22日    両国国技館 )】 テレビのゲスト解説としてリングサイドで村田の試合を見守ったWBO世界スーパーフライ級王者の井上尚弥(大橋)は「前回と違って1回から攻撃、攻撃で行ったので、それが相手の心を折った」と称賛した。

ミドル級でのタイトルについても「普通は外国人相手に体負けするが、むしろ体で押していた」と絶賛。「他団体の王者がいる。これからがスタート」と統一戦を目指す自身との共闘を呼びかけた。ジムと南京都高の先輩でもある山中慎介(帝拳)も「プレッシャーの中でよく頑張りました」と後輩をねぎらった。

 ▼八重樫東(元世界3階級王者)文句なし。(村田は)前回折れなかった相手の心を折って、KOに等しい勝利。自分ももう一回はい上がる気持ちをもらえた。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年10月23日のニュース

格闘技のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム