平岡アンディが新王者に!井上尚弥からのアドバイス効いた

2017年11月11日 19:59

格闘技

平岡アンディが新王者に!井上尚弥からのアドバイス効いた
日本ユース・スーパーライト級王座を獲得した平岡アンディ Photo By スポニチ
 ボクシングの日本ユース・スーパーライト級王座決定8回戦は11日、東京・後楽園ホールで行われ、日本同級15位の平岡アンディ(21=大橋)が小林孝彦(21=TEAM 10COUNT)に5回1分50秒TKO勝ちし、新王者となった。平岡は11戦11勝(8KO)、小林は10戦7勝(5KO)3敗。

 序盤はジャブから組み立てようとする平岡に対し、小林のカウンターが面白いように決まった。2回にはカウンターを食った平岡があわやダウンしそうになる場面もあったが、4回、逆に平岡がカウンターを当てるようになると、左ストレートも当たり出して流れが一変。引っかけ気味の右フックで小林が倒れたのはスリップと判定されたが、5回に左フックでダウンを奪い、さらに左からの連打で小林がフラフラになり、レフェリーが試合を止めた。

 平岡は「(小林は)けっこう変則的なパンチで見えづらかった。こんな試合ですみません」と反省。リングサイドに駆けつけたジムの先輩、WBO世界スーパーフライ級王者・井上尚弥(大橋)からインターバルにアドバイスを受けたのが良かったそうで、「次はもっと楽しい試合をお見せできるように頑張る」と成長を誓った。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月11日のニュース

格闘技のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム