俳優の竹内力(44)が16日、北京五輪柔道男子100キロ超級で金メダルを獲得した石井慧(21)を祝福した。石井が竹内の大ファンで、竹内の友人と石井の父親が知り合いだったため、石井が北京に出発する1週間ほど前に電話で「頑張ってきてください」と激励し、応援していたという。


 快挙の瞬間を見ることはできなかったそうだが「自分のことのようにテンションが上がりましたね。行く前に話しておいてよかった」と笑顔。まだ会ったことはなく「一度お会いしたいですね。そのときは、僕の双子の弟・RIKIの曲『リーゼント ブルース』をプレゼントします」と、お祝いの品も約束した。
 この日は、大阪市北区のテアトル梅田で、自身が出演し、製作にも携わった映画「ひゃくはち」(森義隆監督)の初日舞台あいさつに立った。高校野球の補欠部員にスポットを当てた青春映画。「役柄は鬼コーチですけど人間は優しいので、チームワークはよかった。完成度は高いと思います」とアピールした。あいさつ後にはサインボールを投げ込み、満員の観客を喜ばせていた。
閉じる
続きを表示する