愛犬家として知られるタレントの優木まおみ(30)が15日、タレントの草野仁(66)とともに、ヒルズの「サイエンス・ダイエット シニア アドバンス」新商品発表会に出席し、愛犬とのエピソードなどを披露した。


 「サイエンス・ダイエット シニア アドバンス」が超高齢ペットを対象としたペットフードということで、超高齢ペットの長生きと活発な運動能力をサポートするため、“ハッとするほど元気・超高齢ペット応援団”として、応援団長に草野、チアリーダーに優木が任命された。この日は応援団としての初仕事として「第二回スウィート・セブン アワード」表彰式のプレゼンターを務めた。

 元気で明るく健康的なイメージが超高齢ペットとオーナーに元気を与える存在ということで任命された優木は「シニアのペットを私なりに若い目線で応援していきたい」と意気込みを語った。
 自身のブログにもたびたび愛犬を登場させており、「(愛犬の)モカは7歳のメス。男の子みたいに活発で人懐っこい。東京で一人暮らしをしていて、モカという存在にすごく助けられていて、毎日楽しく生活できるのもモカのおかげ。彼女との限られた時間を大切に過ごしたい」と話した。

 一方、「シニアペットたちを力いっぱい応援したいと思って」と鉢巻き姿で登場した草野は2匹の愛犬を乳母車のようなバギーに乗せて近所を回る写真を披露するなど、デレデレな愛犬家の表情を見せた。
閉じる
続きを表示する