すれ違いから離婚へ 決定的だった清水氏の“ホステス宅お泊まり”

2011年12月20日 07:51

芸能

すれ違いから離婚へ 決定的だった清水氏の“ホステス宅お泊まり”
離婚が明らかになった清水宏保氏と高垣麗子 Photo By
 長野五輪スピードスケート金メダリストの清水宏保氏(37)とファッション誌「AneCan」で活躍中の人気モデル高垣麗子(32)が19日、離婚した。

 関係者によると、この日午後、都内の区役所に離婚届を提出。2人は06年9月に知人の紹介で出会い、北海道と東京の遠距離恋愛を経て、昨年3月31日に結婚。わずか1年9カ月での“スピード離婚”となってしまった。

 周囲によると、離婚の大きな要因はすれ違い。知人は「高垣さんは結婚後も売れっ子で忙しかった。清水さんはもっと家にいてほしかったようで、そんなささいなことから亀裂が生まれるのも夫婦ですから」と指摘した。今年7月、清水氏が東京・銀座のホステスのマンションに泊まる姿が写真誌に撮られたことで、亀裂は決定的に。9月から別居生活に入り、少し距離を置くことで修復の努力をしたが、溝を埋めることはできなかった。
続きを表示

おすすめテーマ

2011年12月20日のニュース

芸能のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム