大みそかのNHK「第62回紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手55組の曲目が20日、発表された。

 東日本大震災からの復興を意識し「家族の絆」がクローズアップされる中、異例の親子出演となる松田聖子(49)と神田沙也加(25)の曲目は、坂本九さんの「上を向いて歩こう」。当日、聖子がコンサートを開催する東京体育館(渋谷区)から生中継し、会場の観客と一緒に名曲を届けるという。


 東北出身で、22年ぶり出場の千昌夫(64)は「北国の春」、同じく21年ぶりとなる西田敏行(64)は「あの街に生まれて」を歌う。

 また、活動休止前最後のステージとなった09年以来のステージとなる絢香(23)は「みんな空の下」に決まった。史上最年少の7歳で出場する芦田愛菜と鈴木福は、フジテレビ系のドラマ「マルモのおきて」の主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」を披露する。
閉じる
続きを表示する