女性ミュージシャン、UA(42)のプロデュースなどで知られる音楽プロデューサーの朝本浩文氏(51)が意識不明の状態であることが26日、分かった。朝本氏のフェイスブックページを通して妻の由美さんがメッセージを投稿し判明した。


 由美さんの投稿によると、朝本氏は2週間ほど前の今月11日に自宅近くで自転車に乗っていた際に転倒し、頭部を強打。今も意識不明のまま回復の見込みは未定で、今後の活動もすべて白紙になるという。

 由美さんは「朝本の回復と復帰を願うばかりです。大変ご心配をおかけ致しますが、何卒ご理解の上朝本の回復をお待ち願いたいと思います」と記している。

 朝本氏は80年代に活動したバンド「MUTE BEAT」にキーボードとして86年に加入し、91年に脱退。サポート・ミュージシャンとして「THE ROOSTERZ」などにも関わった。プロデューサーとしてはUAの「情熱」「甘い運命」「悲しみジョニー」など初期の代表曲を手掛けた。
閉じる
続きを表示する