女優の釈由美子(36)が27日夜、自身のブログを更新。同日午前、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)が噴火したことにショックを受けた。釈は26日、御嶽山から北へ約40キロ、焼岳(やけだけ、2455メートル)に登ったばかりだった。


 27日はNHK BS1「実践!にっぽん百名山」(金曜後5・00)の収録。「打ち合わせをする直前に御嶽山の噴火のニュースが飛び込んできました。昨日、私も焼岳に登ってきたばかりで、本当に他人事じゃない事態に、ただただショックで言葉になりません」と肩を落とした。

 「天気がいい土曜の行楽日和。美しい紅葉を拝みに、きっと楽しい登山をされていたと思うと胸が締め付けられます」と心痛。「人智を超えた予期せぬ自然の猛威に為す術もないけれど、山の素晴らしさだけでなく恐ろしさや危険性も、番組に携わる1人として、これからも責任を持って真摯に伝えていかなくてはいけないと身が引き締まる思いで収録をして参りました」とつづった。

 「被害に遭われた方々のご無事を心から心から祈っております。救助に向かわれる方も2次災害など、これ以上被害が大きくなりませんように」と心配している。
閉じる
続きを表示する