イベントやテレビ番組、インターネットを通じてアイドルカルチャーを世界に発信する「TOKYO IDOL PROJECT」の発表会見が東京・台場のフジテレビで開かれ「HKT48」ら5組がライブパフォーマンスを披露した。


 アイドルシーンの先頭集団を走るHKTは、新曲「12秒」を披露。アイドルオタクを公言する指原莉乃は「朝起きてボロボロの状態でリハーサルに参加したんですけど、他のアイドルたちのすっぴんは輝いていた。それを見て、アイドルブームまだまだイケるなと思いました」と太鼓判を押した。

 8月に開かれる「TOKYO IDOL FESTIVAL 2015」でホスト役を務める「アイドリング!!!」は「サマーライオン」を熱唱。朝日奈央は「100組以上アイドルが出るので、他のアイドルと綱引きをやってみたい。力の強さなら勝てそう」と意気込みを語った。

 「光のシュプール」を歌った「Negicco」は、新潟県で10年以上活動を続けるご当地アイドルの草分け。リーダーのNao☆(ナオ)は「継続は力なり! 頑張るなり! 諦めないことで、たくさんの人に背中を押してもらうことにつながります」と、各地で増え続けているご当地アイドルたちを激励した。

 他に「ベイビーレイズJAPAN」「でんぱ組.inc」も登場した。
閉じる
続きを表示する