10日にスタートするフジテレビの情報バラエティー番組「世界HOTジャーナル」(金曜後7・00)の取材会が3日、都内の同局で行われ、MCを務めるタレントの東野幸治(47)、南キャンディーズの山里亮太(37)、フリーアナウンサーの西尾由佳理(37)が出席した。


 土曜朝から金曜夜に引っ越し。世界で話題になっている事件を徹底取材し、直撃インタビューを敢行、世界の今をより深く伝えている1時間の生放送。ゴールデン移行に伴い、新たにMCに加わる東野は「1時間の生放送ですと聞いていたんですけど、初回は2時間SPで収録で、何やそれ!ってスタート。1回目は僕らを信用できなかったんでしょうね」と苦笑い。そんな東野に、山里は「生放送でやって大丈夫?ってぐらいブレーキをかけていない」と太鼓判(?)を押した。

 世界中で現地取材を敢行して放送する番組だけに、東野も本来の逆となる取材する側の立場で「海外だったら許されるのでパパラッチ的なことをやってみたい」とノリノリ。山里も「去年だけで98件の殺人予告があったけど、ジャスティン・ビーバーは1日に1万件っていうんで、殺人予告仲間として話してみたい」と話した。

 世界中の炎上ニュースを紹介する新コーナーもある。山里は「最近は炎上はとんとない。最近、ちょっと火が弱いので放送前に1回ぐらい燃やしておかないとなと。大きめのスターの悪口をつぶやこうかな。そうしないと燃えない」と悪巧み。

 目標とするキャスターを聞かれ、「小倉(智昭)でしょうか?」と答えると会場からは失笑。東野から「時事的には、承服できる古舘さんでいいんじゃないですか」とテレビ朝日「報道ステーション」での古賀氏発言を引き合いにツッコミが入り、「どこ、いじってるんですか!?」と慌てていた。
閉じる
続きを表示する