女優の堀北真希(26)が、太平洋戦争の末期に夫とともに特攻機に乗り込んで戦死した実在の女性を演じる。

 8月に放送されるテレビ朝日の戦後70年ドラマスペシャル「妻と飛んだ特攻兵」。ノンフィクション作家・豊田正義氏(48)の「妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻」(角川文庫)を初めて映像化する。


 主役として既に撮影に臨んでいる堀北は「最初に台本を読んだ時は、実際にあったこととは思えなかった。でも、資料を見て2人の人柄やエピソードを知り、そういう夫婦がいたんだと実感できるようになりました」と胸の内を明かした。

 テーマは「究極の夫婦愛」で「そんなに深く考えなくても、ただ“好きな人と一緒にいたい”というシンプルな思い、シンプルだけれど絶対的で強い思いがあればいいと思った」と説明。印象的なシーンについて「夫が行ってしまうと分かった時、自分で死のうとして止められる場面があるんです。普段は夫の三歩後ろを歩くような女性なのに“先に行かせてもらうか、後を追うか。それだけの違いです”と主張する。凄いシーンだと思います」と話した。

 夫を演じる成宮寛貴(32)は「演技の上で今までの戦争ドラマとは意識的に変えている部分があるので、今の若い人たちにも分かっていただけると思う」と語った。
閉じる
続きを表示する