ゴールデンタイムに昔話アニメ?フジテレビ「ニッポンのぞき見太郎」(26日スタート、火曜後9・00)のエイプリルフールCMが1日、関西地区を中心としたテレビ放送やウェブで始まった。

 CMは、新番組を制作する大阪・カンテレの今春改編のキャラクター「のぞき 見太郎」(姓:のぞき、名:見太郎)が主人公。瞳の奥に宇宙を宿した不思議な少年「のぞき 見太郎」は、いつでもどこでも歴史の影からのぞくだけのヒーローで“桃太郎”では鬼が島の鬼が暴れている様子をのぞき、“浦島太郎”ではカメがいじめられているのをのぞくだけ。“鶴の恩返し”では娘が「決してのぞかないでください」とお願いしたにもかかわらず、すぐにのぞく…。


 「ゴールデンタイムに昔話アニメ?」と思わせる内容だが、CMの最後に「このCMはフィクションであり、実在する番組の内容とはそんなに関係ありません」と説明テロップが流れる。

 新番組は、俳優の生瀬勝久(55)フリーアナウンサーの高島彩(37)お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(40)がレギュラー出演。日本の全都道府県、全世代1万5000人を対象にした“のぞき見アンケート”の結果を踏まえ、超リアルな日本人の生態をあぶりだす新しいバラエティー。
閉じる
続きを表示する