ギタリストの布袋寅泰(54)が1日、自身のブログを更新、5月23日に行われた、両耳の深刻な難聴を理由にライブ活動からの引退を宣言していたロック歌手の氷室京介(55)の最後の公演「氷室京介 LAST GIGS」を見に行っていたことを報告した。


 布袋はブログ内で「耳の不調と戦いながら、35曲をフルパワーで歌いきったボーカリスト魂、最後まで貫かれたストイックな美学に心震え、感動しました」とつづり、「ステージで歌う姿をもう観れないのはとても寂しいけれど、コンディションの回復を祈ると共に、これからの創作活動を楽しみにしています」と改めてエールを送った。

 また「貴方と出会い、貴方の隣でビートを刻み、歌い、踊り、笑顔を交わせたことは、ギタリストとして最大の喜びであり誇りです」とBOφWY時代を回想し、「ありがとう。そしてお疲れ様でした」と氷室をねぎらった。
閉じる
続きを表示する