スイス南部の保養地ロカルノで3日から開かれていたロカルノ国際映画祭は13日、「ディストラクション・ベイビーズ」の真利子哲也監督に新鋭監督コンペティション部門の最優秀新人監督賞を授与することを決めた。新鋭監督部門はメインの国際コンペティション部門とは別に審査される。


 今年の国際コンペ部門では、28年ぶりに復活する成人映画レーベル「日活ロマンポルノ」の新作「風に濡れた女」(塩田明彦監督)と、富田克也監督の「バンコクナイツ」が出品されたが、いずれも賞を逃した。

 国際コンペ部門のグランプリに当たる「金ヒョウ賞」はブルガリア、デンマーク、フランス合作の「ゴッドレス」が選ばれた。

 「ディストラクション・ベイビーズ」は松山市が舞台で、柳楽優弥さんが演じる1人の男が暴力に取りつかれ、けんかに明け暮れるさまを追う。

 ロカルノ映画祭はカンヌ、ベネチア、ベルリンの世界三大映画祭に次ぐ映画祭で、若手監督の登竜門とされる。

 昨年の映画祭では、神戸を舞台にした浜口竜介監督の作品「ハッピーアワー」に出演した4人の日本人女性が国際コンペ部門で最優秀女優賞を受賞した。(共同)
閉じる
続きを表示する