人気子役の寺田心(8)が13日、豪映画「ライオン 25年目のただいま」(4月7日公開)の日本ユニセフ協会(東京・港区)での試写会にトークゲストとして登壇した。

 5歳で迷子になり、豪州の養父母に引き取られたインドの少年が、25年後にGoogle Earthで生まれ故郷を探し出した実話に基づく作品。モデルとなったサルー・ブライアリー氏(35)に花束を贈った寺田は、「素敵な映画のイベントに呼んでもらって、ありがとうございます。お芝居とは分かっていても、僕だったらどうするだろうと考えると胸が苦しくなりました」と感想を述べた。


 8歳にも関わらず、「小さい頃にユニセフさんに頂いたぬいぐるみを、今も大切に持っています」とリップサービスも。ブライアリー氏には「迷子になった時はどんな気持ちでした?」、「お母さんに会った時はすぐに分かりましたか?」と質問をぶつけ、「どんな時もあきらめないで頑張る、立派な大人になりたいです。お芝居も続けていきたいです」と笑顔で話した。

 同作はアカデミー賞で作品賞など6部門にノミネートされる話題作で、ハリウッドへの興味を聞かれ、「(同じ事務所の芦田)愛菜ねえちゃんは出ている(「パシフィック・リム)けれど、僕はもっともっと勉強しないと難しいかな」と謙虚。そして、「ひとつひとつのお仕事を大切にして頑張ります」と力強く語っていた。
閉じる
続きを表示する