香港のアカデミー賞と呼ばれる「金像奨」が9日夜に発表され、映画「七月と安生」の音楽を担当した香港在住の日本人作曲家、波多野裕介さん(31)が香港の作曲家と共に最優秀オリジナル映画音楽賞を受賞した。

 波多野さんは授賞式で両親や友人らに「夢を応援してくれてありがとう」と感謝の言葉を述べた。


 波多野さんは米国生まれ。10代の数年間を名古屋市で過ごし、現在は香港を拠点に活動している。(共同)
閉じる
続きを表示する