モデルの吉川ひなの(37)が21日、都内で行われた第4回「ヨガジャーナル presents Yoga People Award2017」授賞式に出席した。

 昨年ヨガの国際的なティーチャー資格を修了し、ハワイの大自然の中で本格的にヨガに取り組んでいることが評価され、ヨガ界に大きく貢献した女性に贈られる「ベスト・オブ・ヨギーニ」を受賞した吉川は「生涯をかけてやっていこうと思っていた修行なので、素敵な賞をいただけてとても嬉しいです」とニッコリ。


 もともと友人とたまにホットヨガに行く程度だったそうで、「信頼している仲良しの友だちのおじさんに、『ヨガが向いているよ。ちゃんとやってみたら?』と、その一言でスイッチが入りました」資格を取るほどにハマったキッカケを明かした。

 そんなヨガの魅力を尋ねられると「深く学べば学ぶほど、ポーズをキレイに取るとかじゃなくて、精神的な修行なんだってところに行きつきました。もちろん体にもいいんですけど、精神的なところで助けになってくれる」と話し、「“もっとよくなれるし、もっとポジティブになれる”ということに毎回気付かされるので、気持ちのいい自分に持って行ってくれるものです」と力説。

 今後、どのように取り組んでいきたいか、には「変なポーズを取るとみんなが喜んでくれるので、もっともっと面白いポーズを取りたいです(笑)」と笑顔を見せた。また、ヨガを教えることができる資格を持っているが「教える才能がないんです。家族には教えたりするんですけど、私にはそのくらいしかできないです」とコメントした吉川。実際に長女とともにヨガを楽しんでいるそうで「娘は調子がいいので、私と2人でヨガをするとどこかに行ったり、おもちゃで遊んだりするんですけど、先生のところに受けに行くと最初から最後までやるんです。外の人に褒められるのが快感なんですかね」と目を細めた。

 同賞は、ヨガカルチャーを日本に広め、多大なる貢献と圧倒的な影響力を与えた人物を称えるもので、男性に贈られる「ベスト・オブ・ヨギ」は、いち早くクラブチームのトレーニングにヨガと呼吸法を取り入れたプロバスケットボールチームのアルバルク東京に贈られた。
閉じる
続きを表示する