俳優で歌手の星野源(36)がNHKでテレビ初冠番組を持つことが24日、分かった。5月4日のNHK総合「おげんさんといっしょ」(木曜後10・50)で1時間生放送。独自の視点で音楽を語り、ゲスト出演者と生ライブも披露する予定で、ファン垂ぜんの番組になりそうだ。


 昨年のTBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣(28)と契約結婚した夫婦を演じ“逃げ恥”ブームをけん引するなど大ブレークした星野。満を持して初の冠番組に出演する。

 星野扮する「おげんさん」が、音楽とダラダラ話をするのが大好きな「おげんさん一家」とともに60分遊び尽くす番組で、東京・渋谷にある「おげんさんの家」から「ゆるい音楽」と「だらだらトーク」を届ける。音楽をこよなく愛する「おげんさん」が独自の視点で音楽を語っていく。

 今回「おげんさん」が語るアーティストは、敬愛してやまない故マイケル・ジャクソンさんや細野晴臣ら。偉大なスターに対する熱い思いを打ち明ける。また、世の中の様々なことが気になる「おげんさん」は“人のくしゃみを見るのが好き”“うまそーなものが大好き”と告白。視聴者に“くしゃみ”と“うまそーなもの”を募集し、ゆるいトークを繰り広げる。

 生放送ならではの演出にも期待だ。ツイッターでリアルタイムに「おげんさん」と視聴者が繋がるのも大きな魅力で、曲のリクエストを募集して即興の弾き語りを披露する可能性も。ラストには話題のアノ曲を紹介することもあるかもしれない。

 「おげんさん」の家族は誰なのか?謎のネズミは?生放送で何が起こるのか、サプライズはあるのか…?音楽家、俳優、文筆家…幅広い分野で活躍する星野のこだわりが詰まった番組に注目だ。
閉じる
続きを表示する