「TM NETWORK」の木根尚登(59)が16日、都内でソロ活動25周年/還暦記念舞台「何はともあれ、聴いてください!」(8月10日〜13日)の制作発表記者会見を行った。

 同作はハートフルコメディバンドストーリー。「還暦の年に、小さい頃からやりたいと思っていたバンドもののコメディができるということに感謝してます」と笑顔。還暦を目前に「TMを33年やってきたすべてが身になっている。無駄なことが99あれば、1につながるんだなってすごく感じてます」としみじみ語った。


 木根が演じるのは売れないアラサーバンドにサポートギターでやってきた謎のおじさん役。脚本・演出を手がける有働佳史氏から「木根さんギター弾けるんでしたっけ?」とイジられると「なんとか。弾き語りくらいなら」と話し、笑いを誘った。

 同舞台にTMのメンバーは登場する?という質問には有働氏が「ギャランティが折り合わない…」と苦笑い。木根は「もしあるとしたら、友情出演ですね」と話していた。

 イベントでは、還暦を迎えるということで赤いサングラスを共演者からプレゼントされる一幕も。「ありがたいですねー。心遣いがありがたい」と喜んでいた。他に共演の鳥越裕貴(26)、才川コージ(22)、高宗歩未(23)も出席した。
閉じる
続きを表示する