アイドルグループ「乃木坂46」の齋藤飛鳥(18)が主演し、生駒里奈(21)、堀未央奈(20)らメンバーが共演する舞台「あさひなぐ」(20〜31日、東京・六本木EXシアターほか)の公開稽古が19日、同劇場で行われた。


 小学館漫画賞を受賞した同名コミックが原作で、なぎなたに青春を懸ける女子高生たちの群像劇。舞台初挑戦の齋藤は、「もともと感情表現が薄くて、表情筋が動かないので絶対に向いていないと思ったけれど、やっていくうちにずっと気を抜けない緊張感を楽しめるようになってきた。これが日に日に増して、舞台が好きになりそう」と手応えをつかんでいる様子だ。

 なぎなたもメンバーで1から練習し「一緒にステップアプしてきた。やってきたことを信じればうまくいくと思う」と笑顔。生駒も、「初体験の苦労がたくさんあったけれど、ちゃんとしたなぎなたがお見せできると思う」と自信ありげ。

共演の真琴つばさ(52)は、「彼女たちの頑張りに感銘を受け、0からの成長に感動しています」と称賛。齋藤についても、「セリフにエネルギーがある」と太鼓判を押した。齋藤は、「ハードルを上げると苦しいですよ」と嘆きながらも、初日に向け気を引き締めていた。

他に井上小百合(22)、新内眞衣(25)、若月佑美(22)、衛藤美彩(24)、北野日奈子(20)らが出演する。
閉じる
続きを表示する