タレントのタモリ(71)が10日放送のNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)に出演。“名古屋初上陸”を果たした。

 タモリが街をブラブラしながら歴史や魅力に迫る人気番組。10日の放送タイトルは「#75 名古屋〜尾張名古屋は家康でもつ?〜」。知られざる名古屋の姿に迫った。


 番組では最初に名古屋城を訪問。タモリが近江友里恵アナに「名古屋城は来たことありますか?」と質問し、近江アナが「名古屋自体あまり来たことがなくて」と答えると「バカにしてんのか!」と“らしくない”強めの突っ込み。続けて「俺も名古屋城初めてなんだ」と近江アナと“大差がない”と笑顔で告白。「名古屋はいつも乗り換えで…名古屋に降りたのは1回くらいしかないんだよね。なんでかねえ(意外と来る機会が)ないんだよねえ」と語った。

 タモリは過去に名古屋をイジるネタを披露するなど名古屋嫌いが噂されていたが、近江アナが「名古屋って何かイメージありますか?」と尋ねると、タモリは「凄く仲の良い友達が昔から多いんです。なんかね、名古屋の人と凄い仲良くなるの」と衝撃発言。「家族とも一緒につきあっちゃう。だから、その人たちが集まると名古屋弁で話すでしょ。俺の名古屋弁は、ほとんどネイティブに近い」と明かした。

 放送日当日に更新された同局の広報部ツイッターでは「【ついに】タモリさんが名古屋の地に立ちます。何が『ついに』なのか!『歴史的瞬間だ!』と騒いでいる人もいます」と意味深なつぶやきをするなど、タモリの“名古屋嫌い”が注目されていたが、放送後にはインターネット上で「名古屋嫌い、誤解だがね」「タモリさんの名古屋弁よかったですよ」などの声が集まった。
閉じる
続きを表示する