【記者の目】独立が実現したとはいえ、3人には険しい道のりが待っている。昨年1月の分裂・解散騒動で、ジャニーズ事務所の対応に批判が続出。今も厳しい視線が注がれる中、事務所側が3人の活動を妨害することはない。


 確かにかつては強大な力を持った芸能事務所が、独立したタレントを出演させないようテレビ局などに圧力をかけることもあった。しかし、今はファンの指摘や批判がSNSなどですぐに拡散する時代。事務所も「炎上」の対象になる怖さは分かっており、タレントをあからさまに「干す」ことは事実上、不可能になっている。

 ただ、巨大な相手の意向を“忖度(そんたく)”することがあるのは政治の世界だけではない。テレビ局などは間違いなく、独立した3人を起用しづらくなる。演技にも定評のある3人だが、人気を支えたのはやはりテレビだった。その場を失ってしまわないか心配だ。
閉じる
続きを表示する