戦後にNHKラジオ番組「歌のおばさん」に出演し、「めだかの学校」などの童謡を広めた歌手で元参院議員の安西愛子(あんざい・あいこ、本名志村愛子=しむら・あいこ)さんが6日午後1時42分、老衰のため東京都杉並区の自宅で死去した。100歳。東京都出身。葬儀・告別式は13日午前11時から杉並区堀ノ内の妙法寺堀之内静堂で。喪主は次男志村重貴(しげき)氏。


 東京音楽学校(現・東京芸大)卒。歌唱力を生かし、1944年に童謡「お山の杉の子」がヒット。戦後もラジオで子どもたちに合唱指導をして人気者になった。

 49〜64年に「歌のおばさん」に故松田トシさんと出演。優しい表現力で全国的に親しまれ、「朝はどこから」「ぞうさん」などの童謡を広めた。

 71年から自民党の参議院議員を3期18年務めた。
閉じる
続きを表示する