船越英一郎(56)と別居する原因になったとして松居一代(60)からやり玉に挙げられた劇作家の大宮エリーさん(41)は16日、公式サイトで反論した。

 大宮さんは1公式サイトでコメントを発表。事務所名義で「今回の一連の報道を受けまして、私どもと本人との擦り合わせの結果、事実誤認甚だしく、大変迷惑な話です」とした。


 松居は、11年に船越が自宅の近くに別宅を設けるきっかけになったのが大宮さんが船越に宛てた手紙だと訴え、手紙を動画で公開。これが本物とすれば、私信を勝手に公にするのは違法行為に該当するが、大宮さん側は「この件に関してはこれをもって最初で最後のコメントとさせていただく」と告訴の意向も含め、回答しなかった。
閉じる
続きを表示する