嵐の大野智(36)が17日、札幌で主演映画「忍びの国」(監督中村義洋)の大ヒット御礼舞台あいさつを行った。全国各地の映画館で大野の舞台あいさつ招致を競うキャンペーンを行い、札幌が選ばれた。

 イベント前には中村監督とともに“お忍び”で市内観光。味噌ラーメンとジンギスカンを堪能した後、羊ケ丘展望台のクラーク博士像前で記念撮影。メロンの上にソフトクリームが乗ったスイーツにも舌鼓を打った。舞台あいさつでは「おなかいっぱい」と言いながら「あとラム肉3枚くらいはおなかに入ります」と話して笑わせた。同作は公開16日間で興行収入14億円を突破している。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する