SPEEDの上原多香子(34)の夫で音楽グループ「ET―KING」のTENNさん(享年35)が、2014年9月に自殺した原因が上原の不倫だったと、10日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。

 不倫相手は俳優の阿部力(つよし、35)。阿部は既婚者で、ダブル不倫だった。スポニチ本紙の取材では、TENNさんが自殺する約2カ月前の14年7月6日、上原と阿部が東京都渋谷区のバーで飲酒。目撃した関係者は「店を出たところで上原さんが阿部さんの首に手を回して抱き合っていた」と話した。


 上原はTENNさんの死後も、望んでTENNさんの名字「森脇姓」を名乗り続けた。遺族と良好な関係を続け、年明けには義母から贈られたおせち料理をブログに投稿している。しかし、5月に演出家のコウカズヤ氏(40)との交際が写真誌で報じられると、急に籍を抜いて上原姓に戻した。

 このころネット上で再び、TENNさんの自殺原因について「上原との収入格差」「借金」などと臆測が飛び交った。知人は「遺族は最後まで真相を明かすつもりはなかった。ただ、このままの状態がどうしても精神的に耐えられなかった」と説明。「今後の人生、上原には人としてちゃんと生きてほしいと、TENNさんの周囲は思っている」と話している。
閉じる
続きを表示する