「ミタパン」の愛称でおなじみのフジテレビの三田友梨佳アナウンサー(30)が15日深夜放送の「志村の夜」(火曜深夜0・55)に出演。新人時代の苦労を告白した。

 三田アナは番組後半のトークコーナーに「研修を終えたばかり」という同局の新人アナウンサーの久慈暁子(23)、海老原優香(23)を伴って登場。「“パン”シリーズ」の後継者である「クジパン」を担当する久慈アナはもともと「情報番組志望」だといい、「『めざましテレビ』は小さい時から見ていたので憧れがありました。朝早いけど頑張ってみたい」と目標を明かした。


 三田アナは入社1年目から「めざましテレビ」の前の番組である早朝の「めざにゅ〜」を担当。さらに入社2年目から3年間「めざましテレビ」にも出演していた。「私も新人の頃、担当していたんですけど、1時起き、3時起きで、生活リズムがぐちゃぐちゃになる。生活リズムが学生時代の友達とは全く合わなくなってしまうので、最初のうちはちょっと疎遠になってしまったり…。後は、太ったりやせやり、太ったりやせたり(繰り返した)」と新人時代を回顧。「いっつも遅刻する夢ばかりを見てました」とストレスがあったことを明かしつつも「やりがいはありました」と笑顔を見せた。
閉じる
続きを表示する