歌手の和田アキ子(67)が10日放送のTBS「アッコにおまかせ!」(日曜前11・45)に生出演。ダブル不倫疑惑が報じられた女優の斉藤由貴(50)との自身の報じられ方の違いに不満を爆発させた。

 番組では、斉藤が木曜日のレギュラーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポン MUSIC10」の7日放送分で、「こんばんニャ。飯がまずい毎日を送っている斉藤由貴です」と自虐的なあいさつをしたことを取り上げた。同局では、和田も「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに 1000回」(土曜前11・00)にレギュラー出演中。和田は「同じ局なんですけど、ムカついちゃって…」と切り出し、「“こんばんニャ”ってさ。それで、清純なイメージなのに“飯がまずい”って。私が言ったらガラが悪いって言うくせに。なんで彼女が言うと、かわ…」と単語を寸止め。気持ちを切り替え、「私はおいしいご飯をいただいてますよ、毎日」と笑顔を見せるも、「(自分も)飯はよう言うけど…」と苦笑した。


 自撮りのキス写真が流出したことにも触れ、日本テレビ「ミヤネ屋」でも「和田アキ子さんやったらニュースならない」と報じられたことが紹介されると、和田は「なんで私のことだったらええわけ?」とどうにも納得いかない様子だった。
閉じる
続きを表示する