俳優の佐藤二朗(48)が10日放送の日本テレビ「誰だって波瀾爆笑」(日曜前9・55)に出演し、新卒で入社した大手企業をわずか1日で退社したエピソードを明かした。

 国立の信州大を1992年に卒業した“バブル世代”。就職活動の時期は売り手市場であったにも関わらず、佐藤は就活で“25連敗”したという。「基本的にはサラリーマンになろうと思ってました。サラリーマンになって、土日の余暇で趣味としてお芝居を東京でできたら…と思ってました」と当時の考えを告白。「マスコミだと高確率で東京で勤務できるっていうんで、在京のキー局、広告代理店とかの有名どころを受けて滑りましたね」と“25連敗”の真相を明かした。


 その後、佐藤は大手企業のリクルート社に入社が決定したが、1日で退社した。「入社式を日本武道館でやって、有森裕子さんが来たり、二次会では嘉門タツオさんが歌ってたりしてました。すごい魅力的で勢いのある会社で、たくさんのアイデアが出る会社で…言うまでもなくリクルートには何の問題もない」と切り出すと、「社員証を人事部長にお返ししたときに、『リクルート30年の歴史で入社日と退社日が同じ日になったのは君が初めてだよ』と言われた」と驚かれたことを告白。「20代の頃は本当にどうしようもなく、あっち行ったりこっち行ったりの精神状態だったんで1日で辞めちゃいましたね」と、会社の“イケイケ”な雰囲気に馴染めず退社したことを当時を振り返りながら語った。

 「本当お恥ずかしいというか、僕の汚点ですけどね」と若き日を振り返った佐藤。1日で退社したことを告げた日には放任主義だった父親も「何でそんな1日で辞める会社に入ったんだ」と「半泣き」になったといい、佐藤は「その父親の顔は今でも覚えている」としみじみと語っていた。
閉じる
続きを表示する