元宝塚歌劇団月組男役トップスターの龍真咲が10日、兵庫県西宮市の阪急西宮ガーデンズ・木の葉のステージでデビューアルバム「L.O.T.C 2017」の発売記念イベントを行った。

 昨年9月に惜しまれつつも退団し、ポップシンガーに転じて先月23日リリースの同アルバムで鮮烈デビュー。間髪入れずに東京・渋谷のオーチャードホールでの初コンサートを26日に2回、27日に1回の計3回開いて6000人の動員を果たした。


 この日は慣れ親しんだ関西での歌手転向後、初イベント。歓声と拍手に迎えられてアルバムのリード曲「Silly game」を熱唱し、1000人で埋まった会場が盛り上がると、改めて「今日はここ、私が宝塚時代18年間過ごした地元に帰ってこれて本当にうれしいです!」と語り、ファンとの距離を引き寄せた。その後も3曲を披露し、「皆さん一緒に手を振ってくれませんか?」と求めるなどノリノリだった。

 終了後は「これからもしっかりとアピールしていろんなことにチャレンジして頑張っていきたいと思いますので応援宜しくお願いいたします」と語っていた。

 16日には奈良・吉野山の金峯山寺蔵王堂前特設ステージで「世界遺産コンサート」を開く。
閉じる
続きを表示する