鈴木砂羽の舞台、女優降板トラブル ドラマ出演の読売テレビは静観の構え

2017年09月13日 16:41

芸能

鈴木砂羽の舞台、女優降板トラブル ドラマ出演の読売テレビは静観の構え
女優の鈴木砂羽 Photo By スポニチ
 読売テレビは13日、大阪市内で開いた秋の改編会見で、同局が制作する日本テレビ系の新ドラマ「ブラックリベンジ」(来月5日スタート、木曜後11・59)に出演する、女優の鈴木砂羽(44)について言及。演出を務める舞台公演での出演者降板騒動について、現段階では静観する構えをみせた。

 現時点で鈴木サイドから事実関係の説明はなく、同局から所属事務所に確認を求めることもしていない。その上で隅田壮一編成局長は、今回の騒動について「真偽のほどが分からない」とし、「今の状況ならば対応は特にない」と答えた。

 同ドラマは、週刊誌スキャンダルをテーマにした作品。鈴木は主演の木村多江(46)演じる敏腕記者の相談にのるカウンセラー役で出演し、9日から撮影が始まっている。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年09月13日のニュース

芸能のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム