アイドルグループの元メンバーの女性4人が事務所提訴 「賃金なく移籍も禁止」

2017年11月14日 17:56

芸能

 インターネットのライブ配信で人気を集めたアイドルグループの元メンバーの女性4人が14日、所属する芸能事務所「デートピア」(東京)が賃金を一切払わず、別の事務所への移籍も認めないのは不当だとして、契約の解除と計約410万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。

 代理人弁護士が記者会見して発表した。グループ名は明らかにしていない。

 訴えによると、4人は10〜20代で2015年にデビュー。コンサートに月平均8回ほど出演し、CDも出している。

 月額の賃金は3万8千円の契約だったが、事務所は「ボーカルレッスン費用」などとして全額を天引き。事務所を辞めたいと伝えても、マネジャーが契約内容を理由に「契約から7年は辞められず、解除しても2年間は芸能活動ができない」と主張したという。

 代理人弁護士によると、4人は今年9月、グループを卒業。移籍して芸能活動の継続を望んでいる。都内で記者会見した原告の10代の女性は「ステージに立ちたい気持ちで活動している。辞めてからも自由が拘束されるのは残念だ」と話した。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年11月14日のニュース

芸能のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム