スポニチAnnex
スポニチAnnex

小松未可子 3年ぶりツアー開幕!11・4バースデーライブで念願カバー披露へ


 声優で歌手の小松未可子が22日、東京・TSUTAYA O―EASTでライブツアー「小松未可子TOUR2017“Blooming Maps”」の初日公演を行った。

 900人のファンの前で全20曲を披露。アンコールでは8月9日発売の新曲で、現在放送中のテレビアニメ「ボールルームへようこそ」のエンディングテーマ「Maybe the next waltz」を初披露した。

 5月に3年ぶりのアルバム「Blooming Maps」をリリース。今年は1月と4月に自主企画ツーマンライブ「Humming Maps」を開催するなど、積極的な音楽活動を行っているが、ライブツアーは3年ぶり。「私にとってライブはもしかしたら1年に1度かもしれない特別な場。なので、毎回本当に緊張して、歌詞を飛ばしたりしています」と話し、笑わせた。「自分が自分でいられる場所でありつつ、新しい自分を見つけられる場所。また新しい自分、次のステップの自分を見つける旅に皆さん、ついてきて下さい」とファンに呼びかけた。

 また、11月4日に東京・赤坂BLITZで毎年恒例のバースデーライブ「ハピこし!ライブ」を開催することを発表。「名探偵コナン」の大ファンで知られる小松は、ライブの副題が「名探偵コマツ〜探偵たちの聖誕祭(バースデー)〜」であることを明かし、「どういうことなんでしょう。私にも分かりません」と笑顔を見せた。同ライブについて、「念願だったコナンの主題歌をカバーします!」と宣言すると、ファンから大歓声が上がった。

 ツアーはこの後、7月29日に愛知・SPADE BOX、8月6日に大阪・Music Club JANUS、8月12日に東京・LIQUIDROOMでそれぞれライブを行う。

ランキング

表示モード