斎藤誠厩舎は2頭出し。阪急杯で鮮やかなイン差しを決めたトーキングドラムは「うまく抑えて、抜け出すレースができたのは収穫。もまれ弱いイメージがなくなった。1200メートルは1F短いかもしれないけど、相手関係も見て参戦を決めた」(斎藤誠師)と前向き。京都牝馬S2着のワンスインナムーンは「1200メートルは得意だし、放牧後の動きもいい。輸送減りするタイプで、そのあたりをクリアできれば」と手応え。

スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する