【美浦ドキュメント=20日】フローラSはオークスの優先出走権を懸けた重要な戦い。出走希望馬は当然多い。賞金400万円(17分の13=4頭除外)の抽選結果は午後3時すぎ、投票所に張り出された。2頭投票した上原厩舎はムーンザムーンが無念の除外。2月東京のフリージア賞8着以来のニシノアモーレが抽選をクリアした。上原師は「中山よりはじっくり構えられる直線の長い東京向き。距離も合っている」と手応えを得ている。


 先月、高松宮記念でG1初制覇を飾った厩舎の先輩セイウンコウセイと同じ勝負服。3F33秒9の強烈な瞬発力で突き抜けた昨夏新潟の新馬戦(2着に4馬身差!!)の圧勝劇は印象深い。1月京成杯(8着)では強力牡馬に挑み、大崩れしてない。「(権利確保の)3着に入れる力はある」。指揮官の意気に小田は感じるものがあった。

 1勝馬でも侮れないのは13年優勝デニムアンドルビー、14年サングレアルなどフローラSの近年勝ち馬が証明済み。ノーマークは厳禁…と小田は肝に銘じていた。
閉じる
続きを表示する