2月のダイヤモンドSを制して以来となるアルバート(牡6=堀)は、Wコースでレイダー(3歳未出走)を5馬身後方から追走。4角手前で追い付いて内に併せると、直線はびっしり追って併入した。「先週まで控えめの調教だったが、今週は5Fからしっかりやった。秋の疲れが残っていた前走よりも状態がいいので、調整がしやすい」と森助手は手応え十分に話した。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する