【日本ダービー土曜追い】ベストアプローチ 藤原英師手応え「いい動き」

2017年05月20日 10:56

競馬

 ベストアプローチ(牡3=藤原英)は岩田を背にCWコースで併せ馬。ファントムライト(8歳オープン)を相手に4F51秒6〜12秒2。3馬身追走から馬なりのまま僚馬を2馬身突き放してフィニッシュ。藤原英師は「最後は流す程度でいい動きだった。能力はある馬。あとはレースまで、状態をどこまで上げていけるか」と手応えをにじませる。トレーナーは10年にエイシンフラッシュで制している。「馬を信じて調整していくだけ」とダービー2勝目へ力を込めた。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年05月20日のニュース

競馬のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム