14番人気に反発する2着。長距離砲のタマモベストプレイが中距離2000メートル戦に対応してみせた。

 ゲート勝負、とばかりにしごきにしごいて好位3番手に入ったのが激走の要因。「この馬場も良かった。他の馬の脚色が鈍るところで勝負根性を発揮してくれました」と吉田隼が振り返ると、南井師も「さすが函館リーディングを走るジョッキーだな。うまく乗った」と好騎乗を称えた。次走は札幌記念(8月20日)に向かう。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する