13日の午前中に行われた芝の3レースは全て逃げ切り。5R新馬戦のフラットレーは器の違いで差し切ったが、前日の雨の影響が色濃く残り、凡走した馬のジョッキーは「この馬場が響いた」、「下を気にして進んでいかなかった」と口をそろえた。


 午後になって少し日が差してきたものの、一気に回復するのは難しい状況。10R・HTB賞は逃げ馬が不在の顔ぶれで、前走2番手から押し切ったタンタグローリアが今回も楽に先行できる公算大。差しづらい馬場を味方に押し切るとみた。
閉じる
続きを表示する