新潟6R・新馬戦(ダート1800メートル)はスタート直後は後方を追走し、向正面で一気に動いて先頭に立った1番人気ルヴァンスレーヴ(牡=萩原、父シンボリクリスエス)が2着ビッグスモーキーに7馬身差をつけて楽勝した。


 騎乗したM・デムーロは「返し馬で掛かっていたので(スタートで)あまり出したくなかった。ずっと外を通るのはかわいそうなので途中で前に行った。最後は流すぐらい余裕があった。信じられない強さ。芝でも大丈夫」と称えていた。
閉じる
続きを表示する