リスグラシューは坂路併走でリーゼントシャルフ(3歳未勝利)を3馬身追走して、促した程度で首差先着した。時計は4F54秒0〜1F12秒3と地味だが、「同じ休み明けだったチューリップ賞の時よりもいい感じです」と岡助手。「オークスの前はテンションが高くて普段は坂路でしか乗れず、レースでも引っ掛かった。その点、今はコントロールが利いてます」と精神面の成長を口にした。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する