【セントライト記念】サトノクロニクル好感触「夏場を順調に過ごせて体に幅が出てきましたね」

2017年09月14日 17:22

競馬

 サトノクロニクル(牡2=池江)は1週前に負荷を掛けられたため当週は上がり重点。この日は初コンビのM・デムーロが手綱を取りCWコース併せ馬で4F53秒4。僚馬のマウントゴールド(4歳1600万)を3馬身先行させ、直線は馬なりで流してラスト1F12秒6。相手に1馬身遅れたものの、ゴール前は余力十分の内容だった。

 池江師は「輸送も控えているし今週はセーブ気味だったが、先週の稽古は動いていたので。夏場を順調に過ごせて体に幅が出てきましたね」と好感触。「前走(ラジオNIKKEI賞6着)は小回りだったし、馬場も少し緩かった。中山の外回りは悪くない条件。良馬場でできれば」と巻き返しへ力を込めた。
続きを表示

おすすめテーマ

2017年09月14日のニュース

競馬のランキング

特集

【楽天】オススメアイテム