ローズS5着をステップに参戦するメイショウオワラは騎乗停止中の小牧に代わる松若を背にCWコースへ。テーオービクトリー(3歳1000万)の内に併せて6F80秒8〜1F12秒3と軽快に動き、併入でゴールを駆け抜けた。


 内山助手は「いい動き。ジョッキーも折り合いがついて反応がいいと言っていた。好状態をキープしている」と満足顔。「内回りとはいえ、さらに距離が延びるし、そこが課題。道中フワッと行ければ脚を使う」とイメージしていた。
閉じる
続きを表示する