1週前に十分な負荷をかけられたタガノヴェローナはあえてCWコースでサッと。6F84秒9〜1F12秒6を楽に刻んだ。

 中村師は「予定通り。いい感じに仕上がりました」と出来に満足顔だ。あとは初芝がどうか。「芝が駄目なのは覚悟してるが、希望は道悪だね。渋ってスピードタイプの馬が厳しくなってくれれば。良馬場ならほぼチャンスはないからね」と苦笑いを浮かべつつ、ひそかに一発を期待していた。


スポニチwikiランキング

    閉じる
    続きを表示する