11日のロンドン五輪壮行試合ニュージーランド戦(国立)で日本唯一の得点を叩き出したFW杉本健勇(19)に協賛を希望する企業が殺到。近く5社と計2000万円(金額は推定)のスポンサー契約を結ぶことになった。


 杉本健は、各年代の日本代表に名を連ねてきた実力を備えるだけでなく、1メートル87の長身で人気俳優顔負けのイケメン。性格も二重丸ともともとスター性は秘めていたが、そこに最年少五輪代表という肩書も加わった。

 五輪代表発表後は一気にメディアでの露出も増え、注目度は右肩上がり。そこに目をつけた各企業が次々と協賛を申し出た。女子の日テレから岩清水、岩渕が出場し、日本が優勝した昨夏の女子W杯ドイツ大会後にも、スポンサーの打診が急増。1年間で計2500万円の契約に結びついたが、そのなでしこ効果をも上回りそうな勢いだ。
閉じる
続きを表示する