ロンドン五輪陸上男子5000メートル
 8歳のときにソマリアを脱出して英国にやってきたモハメド・ファラー(29)が、ラスト1周で粘って13分41秒66で優勝。史上7人目となる1万メートルと合わせた長距離2冠を達成した。


 優勝が決まると双子の赤ちゃんを身ごもっているタニア夫人と歓喜の抱擁。「2つのメダルはまもなく生まれる子供たちにあげたい」と笑顔を見せた。長距離2冠は英国史上初の快挙。かつての五輪代表で五輪組織委の委員長を務めるセバスチャン・コー氏(55)は「間違いなくわが国における史上最高のランナーだ」とその功績を称えていた。
閉じる
続きを表示する